誰かと比べる意味

今回のテーマは誰かと比べる意味です。

結論から言うと成長に目を向けたとき、僕はあまり意味のない事だと思っています。

最近はインスタ、Twitterなどで他人と自分を比較せざるを得ないような世の中になっているように感じます。

会社で働いてる事が偉い、働いてない人はダメだ、沢山のお金を稼ぐ人は勝ち組、その逆は負け組、そういう色んな情報と今の自分を無意識に比較しながらみんな生活しています。

たまに練習で上手くいかなかったりして落ち込んでいる選手もいますが、もしそれが他人と比較してあいつは上手くいってるのに俺はダメだと悩んでいたり、落ち込んでいるんだとしたら僕は意味のない事だと思います。

極端な話、僕は自分以外の人のことは違う生き物(鳥や魚、犬や猫など)だと思っています。
それは一人一人が身体の大きさやプレースタイル、利き足、考える事、価値観、信念、得意な事、苦手な事が余りにも違うからです。
同じ人間はいません。

自分と違う生き物と自分を比較して上手くいってるいってない、勝った負けたで悩むのは無意味です。

じゃあカラスは飛べるけど自分は飛べないから負けてるのか。マグロは息継ぎなしで泳げるけど自分は泳げないから負けてるのか。

これらを比べてどっちが勝ってる、負けてるで悩んでも何も生まれません。
だって違う生き物なんだから。

大昔から鳥は鳥で進化してきて、人間は人間の進化をしてきたわけで、それぞれの成長があります。

なら自分は自分、他人は他人の成長、進化があると思います。

それなのに、自分の成長と他人の成長を比べてもあまり意味がないなと感じます。

それにそもそも自分が目指している目標は他人とは違います。
自分が目標としている国やリーグ、クラブなど目指すものが違えばどう成長するかも違ってきます。

だからこそ、成長する上で他人と比べる意味はないと思います。

大事なのは周りの人間が上手くいってる、いってないを自分と比べるのではなく、今の自分にとって本当に必要なことは何か、何をすればもっと良くなるかです。

比べるのは常に自分です。
昨日、今の自分よりも1%でもいいから良くするには何をすれば良いのか、何が必要なのかを周りと比較して考えるのではなく、昨日、もしくは今の自分と比較して考えることの方が僕は大事だと思います。

もし、昨日の自分と比べて1%も良くなってない、上手くいかなくてそこに悩んでいるのであれば、他人と比較した自分の悩みとでは前者の方がすごく価値がある事だと思います。

というより悩むべきは常にそこなんだと思います。

そうやって積み重ねた1%が1年後、5年後、振り返った時、1年前、5年前の自分より絶対に成長していると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました⚽️

生年月日:1994年8月3日
呼称:ハヤト
ポジション:ボランチ、トップ下
前所属:Launceston City FC(オーストラリア)