自分の決断

人生でこれをしようという決断、日々の決断、決断するタイミングがたくさんある。

私は決断をする時に自分の意思で決断することが大切だと考えている。

自分の意思で決断すると言ったが、決して自分だけで考えて答えを出して決めることを指しているのではない。

色々な人の意見をもらったり、情報を集めたり、そもそもどんな結果を得たいがための決断かを考えたりして、決断をする。

ただ、偽りの自分の意思や他人の意思、遠慮の気持ちによって、本来の自分の意思とは違う決断をしてしまう。

本来の自分の意思とは違う決断をするとその決断の実現のために偽りの自分を演じ続けようとしてしまう。私にはそういった傾向がある。自分の意思を貫き通すことが得意ではない。

自分の意思を貫くためには、その意思について深掘りしていくことが大切だと最近感じている。その深掘りが足りないと自分の無意識の部分の意思がはっきりせず結果的にブレてしまう。

私の伸びしろとしては、自分の意思で決断した道を毎日積み重ね続けることだと感じている。これができるようになったら、日々成長することができ、かっこいい人間になれそうだ。ひいてはかっこいい人間になることで周りの人を幸せにできればと考えている。

大きな決断、小さな決断が日常的にあると思うが、その決断一つ一つを大切にすることでいざ本当に迷った時に自分の納得ができる決断ができるようになりそうだ。

以上です。

榊原マサル

19890704

MF,DF

前所属 株式会社SUBARU