続ける

こんにちは。

田原雅也です!

今回は続けるということについて考えてみました。

何かを続けるというのは簡単ではないと思います。

なぜなら続けることは大変だし、労力がいることだからです。

正直、僕はすぐに結果を欲しがってしまうタイプなので続けることが苦手です…

何かに取り組んでいたとしても上手くいかないとすぐに何か別の方法はないか?と考えてしまうタイプ。

結局、いろんなものに手を出して、全部が中途半端なので結局なにも身についていない。。

このような経験ばかり繰り返してきました。

努力したからってそれに見合う結果がすぐについてくるわけではありません。

これを理解していないとすぐに結果を求めてしまい、長続きしません。

稀にすぐに結果がついてくることもありますが、続ける意識がないと次の日には忘れてしまっていることが多いです。

それでは身に付いているとはいえません。

学校のテストなんかで前日に一夜漬けをしたことがある人はこの感覚、なんとなくわかるんじゃないでしょうか?

何かを身に付けるためには続けるということは必要不可欠です。

また、続ける過程の中で失敗をしてしまい、そこで嫌になってやめてしまう人も多いかもしれません。

しかし、成長するためには失敗をたくさん体験することが大切です。

皆さんも小さい頃は、何かに打ち込んだ時、失敗なんか気にせずがむしゃらに楽しんでいませんでしたか?

むしろ失敗という概念すらなかったかもしれませんね。

子どもの吸収が早いのもこれが1つの要因なんじゃないかなと思います。

でも大人になるにつれて、プライドや羞恥心、なんらかの要因が邪魔をして失敗を怖がってしまい、身を守るようになってしまいます。

失敗に対して苦い思い出のある人も多いかと思います。

・なにかにトライしようとしたら失敗して、大人に怒られてしまった。

・失敗したら途中交代されてしまった。

・失敗して周りからの評価が下がってしまった。

・失敗したら笑われてしまった。etc…

このような様々な過去の刷り込みによって失敗を悪だと無意識に思い込んでしまっているのかもしれません。

だからまずは思い切ってたくさん失敗してみましょう!

そうすれば失敗してもなにも失わないし、自分自身の目標が絶たれるわけでもなく、自分の価値に影響がないことに気づくはずです。

矛盾しているかもしれませんが失敗は失敗じゃない。

失敗は嬉しいことで、

むしろ、失敗ありがとう!ぐらいの感覚でいたいですね!

「失敗は成功の母」という有名な言葉がありますが、失敗から学ぶことは計り知れません。

失敗を恐れない。楽しむ!

これがなにかを続ける上でのヒントだと僕は思います。

年号は平成から令和に変わりましたが、自分自身、積み重ねることは変わりません!

続けていけばいずれ成長できる、自分を信じてこれからもやっていきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

田原雅也

1995.6.20

ポジション サイドハーフ、トップ下

前所属 大東文化大学

  •