僕の母は女手一つで僕を育ててくれた。

僕がまだずっと小さい時に離婚して、兄と三人でここまで暮らしてきた。

ずっと父親がいないことを疑問に思ってた僕はよく、なんでお父さんいないの、お父さんがいればお母さん働かなくていいのにと周りの家庭と比べて言ってしまっていた。

その時の母の困り顔ときたら、忘れられるはずもない。

母はいつも働いていて、61歳になった今でも自分の時間なんて後回しにして、汗水垂らして働いてくれている。

ご飯もいつも作ってくれていて、この歳になっても夢を追いかけている僕の背中をいつも押してくれている。

そんな僕は今日から海外のトライアウトに挑戦する。

ここまで来れたのも母のお陰であり、感謝の言葉が溢れる。

僕は母のためにこのトライアウトに臨もうと思う。

誰かのためにサッカーをやるなんて、インタビューとか雑誌とかでアスリートが言っていたなくらいで、その意味がよくわからなかったし、そんなこと考えてもみなかった。

だけど今は本当に自分の為ではなく、母の為にプロサッカー選手になりたいと本気で思える。

今日は母の日。お母さん、本当にありがとう。

最大級の感謝と共に、、、

いってきます!!!