アマチュアは保守的。プロは挑戦的。

  1.  

最近このようなタイトルの記事を見たので自分の考えを含めまとめてみます。

マチュアは、ある程度成果が出れば、現状に満足し始めます。

アマチュアとはいえ、実力ある人もいます。

手にしている名誉、地位、肩書などを得られることでしょう。

持てば持つほど「手放したくない」という欲求が大きくなります。

「手に入れたい」という欲求より「失いたくない」という欲求のほうが強くなります。

写真を撮るまでは、失うのが怖くありませんが、1枚でも思い出の写真ができると、急に捨てにくくなります。

執着心が出てきます。

写真に限った話ではなく、お金も名誉も地位も肩書など、すべてそうです。

所有するものが多くなればなるほど、失うのが怖くなります。

当然、輝いていることほど、捨てにくいです。

どうなるのかというと「保守的」になってしまいます。

攻撃より、防御に力を入れ始めます。

新しいことに挑戦することが怖くなり、守るばかりになります。

改革に向けた仕事は控えるようになり、失敗しないような無難な仕事を選び始めます。

 

現状維持をし始めると、それ以上の成長は見込めません。

保守的になるということは、挑戦をやめてしまうことです。

現状維持には、成長も向上もないということです。

新しいことに挑戦しなければ、新しい刺激がなく、成長も得られません。

成長が停滞してしまうのは、保守的になるのが原因です。

こうなると、永遠にアマチュア止まりです。

しかし、プロはというと。

プロは、常に自己成長を求めます。

ある程度のリスクを覚悟で、挑戦し続けるのがプロです。

知識や技術などの向上に、余念がありません。

新しいことに挑戦するからこそ、新しい刺激が得られ、成長ができます。

もちろん挑戦することで失敗し、何かを失うこともあるでしょう。

それでも挑戦し続けるのが、安定です。

なるほど、確かになと思いました。

サッカーに置き換えて、新たなチームに行ったとします。そしてチーム関係者からある程度評価されたとする。そしたらその評価を落とさないようにとかミスをしないようにとかいう保守的考えが生まれてきてしまう。僕自分もそういった傾向があります。ですが最近逆効果だなと思ってきました。停滞よくて現状維持。もちろん他人からの評価は大事ですが自分自身が成長し続ければいつか勝手についてくると思います。それと目標を見据え続ける事も大事だなと。これを見失わなければ、今ある物を守るのではなく、挑戦し成長し続ける思考でいられるのではないかと思います。

 

生年月日 1994年8月3日

名前 和崎友作

ポジション MF