『考える力』を考える座学

昨日、グラウンドの上ではなく会議室にて座学を行いました。

テーマは『考える力』

サッカーの世界に限らず、小さなころから良く耳にする「考えろ」という言葉。

「考える」とは一体何なのか?そもそも「考えろ」と言っている側とそれを受け取る側の「考える」内容は一致しているのであろうか?

「考える」という要素に差があるとしたら?

今回はそのような『考える』という言葉を紐解きながら座学を始めました。

「考えろ」と言われたときにイメージするレベルに、トップアスリートとアマチュアアスリートに大きな違いがあったとしたら…

同じ環境,同じ質でトレーニングをしたとしても差は広がっていきます。

なぜ同じアスリートなのに、トップアスリートは名言を残したり、本を出版したり、人に何かを伝えられるものを持ち合わせているのか?

それがもし『考える力』の違いだとしたら・・・。

上を目指して無我夢中になっている選手ほど、努力を惜しまず積み重ねている選手ほど、そういった「そもそも自分は・・・」という振り返りを忘れてしまいがちです。

そのような着眼点から、そもそも自分とトップアスリートには考える時点で差があるんじゃないか?と、トップアスリートとアマチュアアスリートの「考える力の差」を考え、この先どのように「考える力を養っていく」のかを学んだトレーニングになりました。

プロサッカー選手を目指すには、こういった内面を磨いていくことも必要不可欠です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

第4回 メンタルコーチ 鈴木颯人氏 セミナー開催!!

本日は今年から始動した

1年制のプロサッカー選手養成プロジェクト(1year project)の特徴の一つ、

メンタルコーチ 鈴木颯人 氏

による、メンタルコーチングセミナーを開催しました。

半年間で12回のセミナーを行い、「プロサッカー選手にふさわしいメンタル」を学んでいくこととなります。

本日のテーマは「目標設定」

プロサッカー選手を目指してアカデミーでトレーニングを積む選手たちはもちろん目標は設定しています。

しかし、その「目標設定の仕方」によって、目標が叶わないばかりか、何をやっても成功できない自分を作り出してしまうことを学びました。

有名アスリートなどからよく聞く「目標を逆算する」などを参考にしていたりすると陥りやすい罠もあるのだということも気づけました。

目標は具体的か

目標の期日は

その目標を叶えるために必要な自分のプロセスは

本当の目標設定をすることで、普段から大事にしている「考える」という要素も、どういうことなのかがしっくりくる内容でした。

正しい目標設定をすることで「深く考える」スキルを身に付けた感覚でしたね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

第三回 メンタルコーチ 鈴木颯人氏 セミナー開催!!

本日は今年から始動した

1年制のプロサッカー選手養成プロジェクト(1year project)の特徴の一つ、

メンタルコーチ 鈴木颯人 氏

による、メンタルコーチングセミナーを開催しました。

半年間で12回のセミナーを行い、「プロサッカー選手にふさわしいメンタル」を学んでいくこととなります。

本日のテーマは「ポジティブアスキング」

結果が出なかったり上手くいかないことが多い選手は、実は自分自身の習慣で、良くない結果を作り出しているようです。

その習慣が「自分への問いかけ」

つまり、自分へのアスキングです。

ミスや課題が自分の前に立ちはだかった時、多くの成功しない選手たちは自分へのダメ出しや否定といった、「反省を問いかけてしまう」ようです。

それではアカデミー生たちはプロサッカー選手へと向かって成長し続けていくには、どういった「自分への問いかけ」をしていったら良いのでしょうか。

とても重要な内容のセミナーでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

後藤憧 選手 アメリカ,カナダPDL参戦!!

1月にアカデミーからカナダへ渡り、冬のリーグに参加し自分を売り込みに行っていた

後藤 憧 選手

が、5月からスタートするPDL(メジャーリーグサッカーを1部とすると実質4部)に属する

Victoria Highlanders FC

に参戦することが決定しました。

ハイランダーズHP(http://highlandersfc.ca/uncategorized/highlanders-add-international-flavour-with-trio-of-signings/

PDLでの活躍より評価されれば、MLS(メジャーリーグサッカー)へのステップとなるUSLへのステップアップも夢の話ではありません。

これからの活躍が楽しみです!!

後藤選手はアカデミーが胸を張って良い選手といえる選手です。

年齢的にチャンスは狭まっているかもしれませんが、サッカー選手としてはしっかり仕事をしてくれる選手。チャンスをものにするにふさわしい1試合1試合を戦ってほしいです。

壁にぶち当たることもあるだろうけど、いろんな困難を自分の経験値にできるだけの道具はそろっているはず。

自信をもってサッカーライフを満喫してください!!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

第二回 メンタルコーチ 鈴木颯人氏 セミナー開催!!

本日は今年から始動した

1年制のプロサッカー選手養成プロジェクト(1year project)の特徴の一つ、

メンタルコーチ 鈴木颯人 氏

による、メンタルコーチングセミナーを開催しました。

半年間で12回のセミナーを行い、「プロサッカー選手にふさわしいメンタル」を学んでいくこととなります。

今回のテーマは「積み重ね」

プロサッカー選手を目指すアカデミー生たちにとって、努力を積み重ねていくことは当たり前のように思えますが「正しい積み重ね方」を知ることは非常に重要なことです。

正しい積み重ね方を知らないことで、悩み苦しんでしまったり、自分自身をあらぬ方向へ追い込んでしまったり、望んでいない結果を引き寄せてしまうことは、数多くあることです。

正しい積み重ねをし始めた時に起こる現象

悩んでしまうことの本当の意味

基礎を積み重ねていくことで自分にどんな結果が相応しくなるかなど、

ここからアカデミー生たちがどのように積み重ねていくことが大事なのかが示された内容でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

阿部選手 ドイツの古巣へ緊急招集!!

昨年の年始にドイツから帰国し、次シーズンまでアカデミーでトレーニングしていた

阿部 豊 選手

ドイツへ再び出発する直前に怪我を負ってしまい、約一年間アカデミーでトレーニングを積み直し、更なるレベルアップをはかってきました。

シーズンでは得点王に輝くなど、決して結果を残せていないわけではない状態でしたが、それでも伸びしろは果てしなくありました。

そんな阿部選手が、3月末、元所属チームからの緊急招集。(ドイツ6部 FC STAHL BRANDENBURG

チームの降格争いをどうにかしてほしいとのオファーでした。

急なタイミングでしたが、しっかりと準備ができていた阿部選手は満を持して出発。早速公式戦に出場しています。

どんなリーグだろうとチームから必要とされる選手に徐々になれていることはうれしい限りです。

チームに貢献した暁には選手としてはうれしい話も待っているようなので、これからの阿部選手の活躍に期待です。

みっちり積み重ねた1年間の積み重ねを大事に、自分にワクワクしながら活躍しろよ!!

目指せステップアップ!!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

サッカー座学 「攻撃のスイッチ」

本日のアカデミートレーニングはグラウンドでのトレーニングではなく、会議室を利用しての

「座学」を行いました。

サッカーのトレーニングといえばもちろんグラウンドの上でのトレーニングがメインになりますが、こういったサッカーの理解度を高める座学トレーニングも非常に重要と捉えます。

本日のテーマとなったのは

「攻撃のスイッチ」

小さなころからサッカーをしていれば、今チャンス!と感じる瞬間が自然と備わってくると思います。

良く日本では「崩す」なんて言い方をしてるでしょうか。

しかし、厳密にどういった状態になっていて、「崩れたらどうなるのか」しっかり理解している選手はどれほどいるでしょう。

アカデミーではそんなグレーゾーンで何となくにしていた感覚を明確化することで、よりプレー中の目的をハッキリさせ、メリハリを持てるように仕上げていきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

プレイヤーが気づけない感覚

現在アカデミーでは

『監督目線でプレーの目的を持つ』

トレーニングをしています。

多くのプレーヤーは、ゲームの中での自分の活躍を考えるとき、

「自分がどうするか??」

を考えがちだと思います。特にこれからプロの世界に自分を売り込みたい選手等は陥りやすい志向かなと・・・。

自分がどうするか?? → 自分がどうしたいか??

そういった考えを持っている選手が果たして「試合でチームに貢献する」活躍が見込めるのか?

答えは NO

サッカーはチームでの戦い。チームでの役割やチームに求められている結果など、それを理解しない選手に、グループで輝けと言っても無理な話。

それではチームの流れに合わせてプレーをすれば良いのか?

それだけでも NO

チームの中継役だけならばその選手じゃなくてもいくらでも替えがきく。オリジナリティがなければ一人の選手として評価はされない。

 

そこで考えてほしいものが監督目線。

監督は選手一人一人の特徴を捉え、自敵のストロング,ウィークポイントを捉え、選手にボールを大事にしてほしいと考えるときもあれば、果敢に仕掛けてほしいと願う時もある。

チームが勝つために・・・

(監督目線の感覚をトレーニング後に携帯へ打ち込みプレゼンへ)

自分の結果にこだわりすぎて、チームの勝利やその場で求められている選択を疎かにし過ぎてはいないだろうか。

味方やコーチ,監督に「サンキュー!」と言われているか?

そのサンキュー!と言われる回数が多くなっていくことが、実はチームに必要とされる選手になっていくこと,評価される選手になっていくと捉え、このトレーニングを実施しています

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

第一回 メンタルコーチ 鈴木颯人氏 セミナー開催!!

新年度を迎え2週間。

本日は今年から始動した1年制のプロサッカー選手養成プロジェクト(1year project)の特徴の一つ、

メンタルコーチ 鈴木颯人 氏

による、メンタルコーチングセミナーを開催しました。

今日から半年間で12回のセミナーを行い、「プロサッカー選手にふさわしいメンタル」を学んでいくこととなります。

本日のテーマは「結果にふさわしい選手になること」

まずはメンタルって何か??という根本的なところから紐解いていき、

『言葉がメンタルを構築していくこと』を学びました。

メンタルというと、鍛えるとか強い方がいいとか気持ちだったりと、良く聞く言葉の割には抽象的な印象があると思います。

しかし、メンタルをしっかり理解し捉えることができると、アスリートのパフォーマンスを向上させていく中で、非常に重要なウェイトを占めていることがわかります。

そんなメンタルの導入として、言葉の質に焦点をあてていきました。

自分自身の普段からの言葉の質(口ぐせ)が、自分をどのような結果に相応しくしていくのか。有名選手などの口ぐせを例に出しながら、新しい切り口から物事をとらえていけるような内容でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小幡選手 NZでリーグ戦出場!!

3月末にニュージーランドに発ったばかりの

小幡 和弘 選手が、早速

Odt Southern Premier League(州1部)

Southland United の一員として、リーグ戦に出場しました!!

チームの立て直しのために3人の日本人が補強されたようで、小幡選手にも期待がかかっているのではないでしょうか。

出国前に身に付けた「成長し続けるにふさわしい選手」として、NZでの戦いを大きな力に変え、更なるステップを駆け上がっていってほしいです。

みんなとのシェア,プレゼンを忘れずに!

言い訳したい時こそ客観的な意見をくれるみんなを大切にね☆

大事なものを忘れがちになる海外だからこそ、忘れずに!!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。