亀勇斗選手 タイDivision2契約!!

1年前、大学サッカー卒業と共にアカデミーに入会しトレーニングを積んできた

亀 勇斗(カメ ハヤト)選手(産業能率大学→FTA)が、

タイDivision2  Kamphaeng Phet FC

と契約しました。

 

昨年当ブログにも掲載した、Samurai-Footboller

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/pages/Samurai-footballer/364743393599926?ref=hl)

のご協力により実現することのできた「エージェント費用一切なし」のトライアウトのチャンスから、契約まで至りました。こういった選手目線で選手をサポートしてくれる方々には本当に感謝です。

亀選手は、大学サッカーでは一度もリーグ戦に出たことはなく、国内では目立った活躍は一つもない選手でした。しかし、彼は「プロサッカー選手になる」という目標をブラすことなく、アカデミーで「現実的にプロサッカー選手になるための要素」と真剣に向き合い、努力を続けてきました。

まさに「努力で夢を掴んだ」選手だと思います。

彼のサッカー人生、何度も何度も挫折を繰り返しました。何度も何度も涙を呑む思いをしてきました。出会った指導者の中には「プロなんて無理だ」と烙印を押す人もいました。

しかし彼は、自分の弱さと向き合い、自分のできていない要素を見つめ、柔軟に自分のサッカー観にはない新しい要素を吸収していきました。22歳からでも、姿勢次第でこんなにも変わるという事を証明してくれました。

これからのプロサッカー人生を、駆け抜けてほしいですね。

私は個人的に彼のファンです!!

頑張れよ!ハヤト!!

 

 

彼がプロの第一歩を踏む裏で、彼と同じようにプロサッカー選手を目指すすべてのアマチュア選手に警鐘を鳴らしたいと思う要素があります。

「プロ契約」→自分のプレーでお金を稼ぐこと

は、そんなに簡単なものではありません。

彼と同じように挫折し、何度も壁を乗り越えて、それでやっと見えてくるのが「プロ」の世界です。もちろんリスクはたくさんあります。それを知ったうえでも乗り越えていく芯の強さが必要です。

アカデミー生にも同じことが言えるのですが、最近問い合わせや体験で来る選手たちも、「トライアウト紹介してくれますか?」「どこにコネクションがありますか?」など、日本でプロになれなくても海外ならいけるんじゃないか?と、安易な考えで「プロ」を目指す選手が多くなっていると感じます。

それは一昔前に比べ、日本人選手の考えが世界に広がっているからかもしれません。それは日本人アマチュア選手にとって可能性を広げるとても良いことだと思います。しかし、私が警鐘を鳴らしたいのは、そうやって可能性が広がってきている分、一人一人の選手のプロを目指す意識も薄く広がっていってしまっているのではないかということです。

可能性に身をゆだね、自分自身をしっかりと見れていない選手が非常に多くなってきていると感じます。

プロサッカー選手への可能性は、視野を広げれば限りなく広がっていきます。

しかし、可能性を現実に変えるのは、まぎれもない自分の志であり努力です。

自分を磨かないものに可能性は道を拓いてはくれません。

プロサッカー選手を可能性のままではなく、現実的に目指してほしいと思います。

 

すべては自分と向き合うことから始まります。

 

亀選手の契約で改めて感じました。

一人でも多く、現実的にプロサッカー選手を目指すようになっていってほしいと願うとともに、そういった「プロを目指す本物の要素」を伝えられる場所にFTAをしていきたいです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク