冨田 海暉 選手 ウルグアイで契約!!

中学卒業後からアカデミーで高校3年間を過ごしたアカデミー生え抜きの

冨田 海暉 選手

ウルグアイ3部リーグ Club Atletico Platence と契約しました!!

3部といっても、もともと1部2部でプレーしていた選手や、欧州リーグでプレーしていた選手、代表レベルの選手がひしめき合っている環境。

これからの彼のキャリアアップのために素晴らしい環境ですね。

冨田選手は、彼が小学6年生の頃、私が所属していたジュニアユースのセレクションを受けに来たときからの付き合い。約7年ほど指導して来た選手。

小,中学生の頃からの『プロになりたい!!』という彼の夢に寄り添い、共に戦ってきました。

感慨深いものがあります。

小中ともにチーム・個人ともに表立ったタイトルはなく、周りが高校サッカーに進路を選ぶ中、通信制の高校に通う道を選択。アカデミーにてひたすらに『プロになるための人間性・技術』を磨いてきました。

現日本の進路の選び方としたら、メジャーではないかもしれませんね。

そんな彼が契約後、

「海外にいると自分の無力さというかそういうものを常に感じます。

ですが、そういう時にはいつも助けてくれる人がいて、
自分が相談したら話を親身になって聞いてくれる人がいます。
人の暖かさというか、器の大きさみたいのを常に感じて、
改めて、自分は1人では生きていけないって事と周りの人達が居てくれる有り難さみたいなものを本当に感じる事が出来てます。
それは長い間海外に居たからすごく感じれた事じゃないかなと思ってます。
その感謝の気持ちが感じれる様になったのはFTAがあったからで、FTAに行っていなかったら当たり前に感じてしまっていたとおもいます。
これは当たり前じゃなく、自分は凄く恵まれているんだなって感じる事が出来ます。
 
宝槻さんだけではなく、もちろん家族の支えが無ければまず生きていけませんでした。
メキシコにいる日本人達には本当に良くして頂きました。
 
ウルグアイでは三吉さんの奥さん、今のチームメイト、一緒に住んでるウルグアイ人の人達にも本当に良くして頂いてます・・・・」
というメッセージをくれました。
しっかりと「人に感謝ができ、人に支えられ、人に囲まれた選手」に成長したなと思わせてくれる内容で、契約以上に嬉しい気持ちになりました。
こういった選手がアカデミーからどんどん巣立っていってくれることが、最高の私の楽しみです。
とはいっても、プロフェッショナルとしてまだまだスタートラインに立ったばかり。
これからの彼の選手としても人間としてもの成長を楽しみに支えていきたいと思います。
カイキおめでとう!!
中学校卒業からブレずに良く頑張ったね☆
今まで自分がどんな積み重ねをしてきたか。大切な財産をいろんな人から与えてもらっていることを忘れずに。
プレーも心もプロフェッショナルであり続けてください!!
 
カテゴリー: 未分類   パーマリンク