サッカー座学 「攻撃のスイッチ」

本日のアカデミートレーニングはグラウンドでのトレーニングではなく、会議室を利用しての

「座学」を行いました。

サッカーのトレーニングといえばもちろんグラウンドの上でのトレーニングがメインになりますが、こういったサッカーの理解度を高める座学トレーニングも非常に重要と捉えます。

本日のテーマとなったのは

「攻撃のスイッチ」

小さなころからサッカーをしていれば、今チャンス!と感じる瞬間が自然と備わってくると思います。

良く日本では「崩す」なんて言い方をしてるでしょうか。

しかし、厳密にどういった状態になっていて、「崩れたらどうなるのか」しっかり理解している選手はどれほどいるでしょう。

アカデミーではそんなグレーゾーンで何となくにしていた感覚を明確化することで、よりプレー中の目的をハッキリさせ、メリハリを持てるように仕上げていきます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク