育成年代の勝利主義の問題 その①育成年代でのファウルの要求 「指導者はどうすべきか」

小学生中学生の指導の現場、特に試合での現場。

育成年代の笛の質は良く議題にあがるところですが、私は指導者のファウルに対しての捕らえ方も非常に気になります。

「過剰なファウルの要求」

もちろん悪質なファウルなどで、選手の大怪我につながりそうな危険な場面などでの突発的なリアクションは別物として。

選手が倒れるや否や審判に対してファウルを要求する場面に言及しています。

果たしてその要求はなぜ起きてしまうのか?

勝ちたいからでしょう。チームの勝利に向けて、優位に試合を運びたいからでしょう。

その行為は本当に選手の未来に、選手が良い選手になっていくために必要な要求なのでしょうか。

そのような場面を見ているとよく感じるのは、

「選手の判断ミスで激しいプレスを受ける場面であったり、身体の使い方が不十分で相手の力を抑え込めていなかったり、そもそも出し手の選択肢のミスであったり・・・。」

相手ではなくファウルを受けた選手にのびしろがあるということです。

選手側の「ファウルを受けてしまうプレー」に対しての伸びしろを伝えてあげられる絶好の指導のチャンスを、「勝利主義」のあまり逃してしまっているのではないでしょうか。

良い選手になるための気づきが、勝つためだからスルーされていく・・・

     

小さなことかもしれませんが、日本全国の育成指導の現場で、ファウルの捉え方が変われれば、『球際の弱さ』という日本代表でよく言われるナゾの課題も、解消されていくのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

プロフェッショナルとしての自覚

プロ選手は個人事業主。自分という会社を売り込み、評価を受けたクラブと契約を結ぶ。

「対等」に。

どうしてもこの「対等」にという部分を自覚しきれないで、プロフェッショナルのファーストステップを踏み始めてしまう選手が多い。

初めての契約は給与が発生する契約内容で御の字かもしれない、ただそこから先のキャリアは「自分という会社」の宣伝内容そのものになっていく。

アマチュアの時代から、物品を支給されたり、部費を免除してもらったり、ご飯をご馳走になったりと、何かと「融資」をしてもらう機会はあるはず。

しかし、プロフェッショナルの意識を持ちきれない選手達は、「感謝の言葉を述べて」終わりにしてしまう。

日本人として、感謝の言葉や誠意を見せることはとても大事なこと。

しかし、自分がプロフェッショナルとしてやっていくつもりであれば、それに見合った「還元」をする意識は持っておくべき。

そうでないと、「対等」に契約を結べる立場までは行き着けないだろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

日本はプロになるための育成をしているのか?

アカデミーには下は中学卒業後の15歳、上は一度就職した経験の有る20代後半の選手達が入会をしてきます。

15歳から20代後半の選手に共通していえることは、のびしろがものすごくあることです。

フィジカル的な部分や、単純な止める蹴るの能力には経験によって差はありますが、『サッカーの上手さ』という部分に関してののびしろはどんなに歳をとっていようが、国内での輝かしい成績を残していようが、大差がありません。

そこで常々思うことは、「日本の育成ってどうなっているんだろう?そもそも育成しているのかな?」ということです。

カテゴリーとしては年代別に区分けはされていますが、全てのカテゴリーで『プロを目指した育成』が行われているのか?となると、そうではない気がします。

高校選手権などが代表格ですが、育成年代の大会があれだけ盛り上がってしまうのも、ひとつの象徴かもしれません。(私も高校選手権出場者なので、大会自体を問題視しているわけではありません。あくまでも日本のプロサッカー選手を育成するという観点からの問題提起です。)

その証拠に、アカデミーで輩出してきた多くの契約選手達は、国内ではふるいにかけられてしまった「落ちこぼれ選手」達です。

各年代別カテゴリーでレギュラーでなかったり、公式戦すら出られなかったり、そんな選手達がアカデミーに来て「本来育成指導で伝えること」を伝えるだけで、クラブと契約を結ぶ選手になるんです。

 

私自身が高校では選手権出場、大学は関東1部リーグ所属、ブラジルでの育成を現地で見てきた経験を素に考えると、

日本の育成と世界の育成は少し違うベクトルを進んでいっている気がします。

日本での育成年代で現在行われている指導や人間形成を批判しているのではなく、それとはまた違う「プロサッカー選手を育成する」という確立されたベクトルも必要なのではないかなと感じるのです。

 

わがアカデミーがそういった育成のパイオニアとなれるよう、こういった発信にももっと影響力が出てくるように、これからも精進していきたいものですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

海外トライアウトにいくまえに

今から15年ほど前、私がまだ現役だったころ、海外でサッカーをするといったら「ブラジル」くらいしか出てこないような時代でした。

しかも今のようにプロになるためにトライアウトを受けるなんてものではなく、『留学』としてサッカーを学びに行く感覚が強かったです。

しかし昨今では、東南アジア,ヨーロッパ,オセアニア,南米と、海外リーグでプロとして活躍するためのトライという選択肢が一般的になってきています。

間口が広がり、多くの日本人選手がその世界を開拓してきたことは、これからの日本人選手の可能性を広げる大きなチャンスになっていますが、それと同時に、その塀の低さが「部活やクラブの延長」のように身近になりすぎてしまっている感が否めません。

プロ選手=社会人(仕事)

この方程式を理解せずにテスト(セレクション感覚)に合格してしまえば、晴れてプロ選手。

ですが、この仕事をどう発展させていくか?までしっかり考えられているでしょうか。

社会人として、仕事を成功させていくビジョンを持たないと海外下部リーグで契約できた後、行くチームが無くて現役引退なんて末路をたどるのもよく聞く話です。

 

プロになるのは良いけれど、プロ選手として人生を生きていく準備が出来ているか。

サッカー選手として成長し続けるための準備。

仕事を成功させていく社会人としての準備。

個人事業主として自分を発展させていく準備。

部活やクラブのように、プロクラブは自分を育てようとはしてくれません。実力が認められなければクビです。

プロになる前に自分が成長し続けていくための準備をしておいたほうが良いと考えます。

そう思うからこそ、アカデミーを設立したんですけどね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

年末になりアカデミーを振り返る

年末になると、アカデミーから飛び立った選手達がシーズンオフになって帰ってきてくれます。

自身のアップグレードのためにトレーニングをもう一度振り返り復習する。良いリズム。

ふと気づいたらアカデミーから輩出した選手は6大陸を制覇していて、少し充足感を感じられました。

こうやって色々な経験をつんだ選手達が帰ってくる場所になり、目指す選手たちに大きな刺激を与えつつ、自身のレベルアップも忘れずにトレーニングに励む。良いリズム。

こんな良いスパイラルがもっともっと大きく濃くなるように、これからも精進していきたいと思えた年末でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

かけひきがあるトレーニング

いつ裏を取るのか

どこで裏を取るのか

どうやって裏を取るのか

そのようなかけひきが存在するトレーニングでないとサッカーは上達しない。

どんなに止める蹴るが上手くても、どんなにフィジカルを鍛えようとも、

使いどころを知っていなければ宝の持ち腐れ。

 

サッカーのトレーニングをしなくては・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アカデミー発で海外契約する選手の特徴

アカデミーからトライアルに飛び立って、契約できる選手の傾向が分かってきました。

『人に教える立場になった選手』

アカデミーのトレーニングは種類やルールが変わっても、基本はアカデミー哲学にのっとっているので、1年間通して大きくテーマは変わりません。

そんなアカデミーのトレーニングで伝えている要素を、新規加入選手や古株で上手くいっていない選手に自分から『教える』事ができていく選手から契約が決まっていきます。

ラーニングピラミッドでもあるように、人に伝えられるほど理解度が高まっている証拠なんでしょう。

面白い。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

サッカーの本質

私がブラジルでのサッカー研修の際に衝撃を受けたこと。

「お前は相手の前でどうしてそんなに頑張ってプレーしているんだ?」

といわれたこと。

サッカーのかけひきの下手さ加減を痛感した一幕だった。

「サッカーで本気(結果)を出すのは相手の裏だろ?相手の前で必死にボールをこねくり回したって、点は取れないよ」

ここからこの先のわたしのサッカー人生が大きく変わっていくことになった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アスリートフードマイスター&スポーツ薬剤師 曽根 氏による「食」セミナー!!

本日はアスリードフードマイスター&スポーツ薬剤師である

曽根 由佳里 氏による

『プロサッカー選手にふさわしい食』

についてのセミナーが開催されました。 第一回目となった今回のテーマは『アスリートにとっての食事とは』 食に関しての知識や情報は現代には溢れかえっていますが、その情報をプロサッカー選手として活かせているか?といったらそうでない選手がほとんどです。

また、それと同じように、食が自身の競技レベルを向上させていく伸びしろだと捉えられているプロを目指す立場のアスリートも少ないと思います。

アカデミー生の感覚も、「気を遣えたらいいんだろうなぁ・・・」というような認識レベルだと思います。 本日はまずその認識レベルを変えるところから始まった内容でした。

食事で自分がどう向上するのか?

食事でどれだけのプロアスリートたちが変貌を遂げたのか?

自分の生活でどれだけ食を変えることができるのか?

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小学生とのコラボスクール☆

お盆明け8月21日に

調布・府中で活動するFSCサッカースクールさんと、コラボトレーニングを開催しました。

アカデミー生たちはいつもとは違って、プレーヤーコーチとして小学生に伝えながらプレーをするトレーニングとなりました。

いつもとは違う『伝える立場』でのトレーニングは、日ごろのトレーニングの理解度を確認するためのアウトプットする環境として最高でした。

解っているつもりでも伝えられず、見せることもできない。そんな自分の現在地に直面したアカデミー生もいたことでしょう。

こんな貴重な機会を作ってくださったFSCサッカースクールさんには感謝感謝です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。