アカデミー理念

私がフットボールトライアウトアカデミー(以下FTA)を設立したのは、幼いころから抱いていた「プロサッカー選手への挑戦」という志が、プレイヤーを怪我で引退することになった後にも潰えることがなかったからです。
私がプレイヤーだった頃、国内ではある程度高いレベルでサッカーができる環境に身を置くことができていましたが、「プロ」という高い壁の向こうにどうやって辿り着けばよいのか、いくら努力を重ねても見えてきませんでした。

無我夢中に自分の置かれた環境で最大限努力するのみ。

それがプロを目指すうえでの最良の道で、自分のサッカーの世界の全てでした。
しかし、プレイヤーを引退後、様々な「サッカーの価値観」に出会い、プレイヤー時代の自分のサッカーの世界を見る視野の狭さに気づかされました。

指導の勉強のため海を渡りサッカー王国ブラジルへ。

そこで「1人の選手としてどう生き残っていくのか?」ということを肌で感じ、
現役のJリーガーや海外プロ選手との出会いで「選手としての結果」の重要さを学び、海外でサッカービジネスを広げている人との出会いで、「サッカーの大きさ」を知りました。
指導者という立場になり、初めて「プロへの道筋」というものが明確になったのです。

プレイヤーとしてプロを目指すためには、
どういった準備が必要なのか?人間性はどうあるべきか?どういったビジョンを持つべきなのか?が見えたのです。

FTAを立ち上げる前には、Jリーグの組織で指導を始めてみないかというお誘いもありましたが、私の答えはNOでした。
私が手を差し伸べたかったのは、プロ組織のジュニアユースやユースの中で、プロへの競り合いを始められている選手たちではなく、過去の自分のように

情熱はあるがどうすればいいかわからない選手。
能力はあるのに日本では認められずあきらめてしまいそうな選手。
周囲に押しつぶされてプロになりたいと正直に言えずにいる選手

など、一直線にプロへの道が見えていない選手たちでした。
こういった選手たちを指導することが、新たな「プロサッカー選手への挑戦」なのだと感じたのです。

現在の日本サッカー界の王道だけではなく、違う道からも視野を広げればプロサッカー選手への道は現実的に見えてきます。

「プロを現実的に考えられる場所の確立」
「プロサッカー選手になるための人間力の向上」

国内でサッカーを一生懸命に取り組んでいる選手たち(過去の自分)が気付いていない、プロへ成るための大事な要素を伝えられる場所の確立。それがFTA起業の理念なのです。

アカデミーで学べること
~日本サッカー界では伝えてもらえない本質~

日本のサッカーは“サッカーっぽいナニか”

日本の育成年代では、各年代での「チームが勝つこと」を重要視するために、選手一人一人がサッカーの本質を理解せずにチームのパーツとしての役割を担ってしまうことがしばしば見受けられます。そのためチームでの活動を終え、1人でプロを目指し始めた時に、自分一人ではサッカー選手としての魅力がないことに気づきます。

日本ではプロを目指せているようで目指せていない

前述の内容に似ていますが、日本のプロ以下のカテゴリーでは「結果を重要視する」あまり、プロ選手として必要な要素をまったくと言って学べることがありません。育成年代の選手たちは「所属チームで活躍すること」がプロを目指していることと勘違いしていることがほとんどです。

ミスをしない練習では上手くなれない

アカデミーに来る選手はプロ選手になるために成長しなくてはなりません。
成長とは「できないことができるようになること」。その成長をするために練習があります。
すなわち練習は「できないことに取り組むことが本質」です。

考えさせる指導の落とし穴

サッカーの現場ではよく「自分で考えなさい」と考えさせる指導を励行しているのを良く目にします。
「1聞いたら10まで理解しろ!」というのは良く見る風景です。
しかし、サッカーの現場で1を聞いて10まで自分で考えることは本当はあまり勧められません。

Jリーガーになりたいのなら

日本で育ったからには「Jリーガーになりたい!!」と思うことはごく普通の考えだと思います。
しかし、日本では「どうプロになるのか?」という情報が手に入りにくく、高校から大学,大学から社会人,関東リーグからJFL,JFLからJ3というように、日本の枠組みの中だけでJリーガーを目指してしまうことがほとんどです。

プロサッカー選手としての本当のステップアップの仕方

現代ではプロを目指す選手達の視野は世界に向けられ、海外留学やトライアウトも珍しい話ではなくなってきました。しかし、珍しくなくなったからと言って、各選手たちが海外事情を把握しているとなるとそうではないのが事実です。イングランド,イタリア,スペインなど、華やかな国の留学やトライアウトの宣伝が出回っていますが、そこに魅力を感じていたら黄色信号です。

アカデミー概要

代表
宝槻 慶仁
所在地
〒157-0062 東京都世田谷区粕谷1-15-6 <MAP>
TEL:03-5316-6604 (代表)  (電話受付20時まで。水曜、日曜定休日。メールは年中無休) 
FAX:03-3290-3334
BACKUP
株式会社 マービィ
事業内容
プロサッカー選手養成・輩出
沿革
1994年 COJB(アカデミーの礎)設立
2005年 COJBサッカースクール開始
2005年 アカデミー下部組織COJBサッカースクール開始 
2011年 COJBの大幅リニューアル・組織改革計画施行
2012年 フットボールトライアウトアカデミー設立

Instagram

プロサッカー選手養成コース
鈴木颯人オフィシャルサイト
国士舘高校サッカー部
三吉聖王オフィシャルブログ
久保田勲
池田雄大